ジャイアン・リサイタルへようこそ♪

「ドラえもん」のジャイアンが空き地で開くコンサート(リサイタル)のような、自己満足ページです。それでもお付き合い頂ける方、どうぞよろしくです。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.31 Mon 20:59
20071231205955
来年はどんな年に?
「寝かせて」
スポンサーサイト
2007.12.31 Mon 20:58
20071231205833
今年はどんな年でしたか?
「寝てます」
2007.12.31 Mon 20:53
20071231205306
今年ももう終わりですね。
実はワタクシ、3日前から実家に帰省しております。
Y口県は雪降ってます。寒いです…。

では来年もよろしくお願いします。桃子さん、来年の抱負は?
「とりあえず眠い」
2007.12.28 Fri 02:57
地下鉄に乗り、目指すテレビ局にやってきた。
何だかんだ言って、ここからが本番である。
34歳【実際は35歳である・・・この数日前に誕生日を迎えていたのを忘れていた】でも入れると確認しているものの、何かの拍子に「ダメです!今日は20代限定です!!」などと言われ、片道1時間かけてすごすごと家に戻らないといけなくなるかも知れない。
そう思うと、自然と免許証を握る手にも力が入る。
もちろん、指は生年月日欄の上に置いている。

まず、通用口の守衛さんに来意を告げる。
ここでは名前の確認だけで、あっさり通してもらえた。
局のロビーに通されると、既に今日の観覧仲間が大勢いた。

・・・どう見ても、私最年長だ。

若干引きつつもその場に立っていると、ADさんらしきお姉さんが「身分証をお願いします~」と声をかけてきた。

キターーーーーーッ!!!

私も、連れの友人2人も心の中で叫んでいた(と思う)。
震える手で、免許証を差し出す。

その時、ふと気付いた。
テレビ局側が作った名簿が、私の名前と1文字違っているのだ。

思わず、「これ、名前違うみたいなんですけど・・・」と言ってしまう。
「え?そうなんですか??」と言いつつ、私の免許証を覗き込むお姉さん。
しまった、余計に免許証に注意を引き付けてしまったではないか。

その時の私はよっぽど慌てていたに違いない。
思わず、免許証を下に落としてしまった。
「あわわ・・・」と声にならない声を上げている私を見たお姉さんは、「大丈夫ですか・・・?」と気の毒そうに声をかけてくれた。ありがとう。いい人だ。

ここで、何とか煙に巻いた形で身分証の提示終了。
晴れて観覧できることになった。




しかし、なぜか待ち時間が異常に長い。
集合時間は1時だったのに、2時になってもお呼びがかからない。
出演者の、某OセロのM嶋さんのメイクが長引いてるとか、そんなんだろうか。
ロビーにはお菓子とお茶が用意してあったので、3人で飲み食いしながらボーッと時間をつぶす。

たまーに、先ほど身分証を確認したお姉さんが私たちの近くまでやって来る。
仕事の都合とか備品を取りに来たりとかそんな用なのだが、私たちは彼女が近づいてくる度に「もしかしてバレた?!」「帰れって言われる??」とビクビクしていた。
どこまで自意識過剰なんだ。そして余計、挙動不審である。



集合から1時間以上経過して、やっとスタジオに入れることになった。
私にとっては初体験だ。思ったより狭い。

ここから先は早かった。

係の人が決めた席に、適当に座る。拍手の練習や掛け声の段取り説明。
客席は3列しかないので、出演者の人がとても間近に見える。
そしていよいよ本番。
某OセロのM嶋さん、めっっっっちゃ細くてキレイだ!!私より年上にはとても見えない。
今度紅白で司会する、T瓶さんも細かった!!
「テレビは太って見える」というのは真実のようだ。

トーク番組なのでどんどん話題が変わるのだが、他の話題の時はあまりT瓶さんはこっちを見てなかったのに、会話の中で「大阪のオバチャン御用達のスーパー」の話題になった時だけ、妙~にこっちを見ていた気がするのだが、気のせいだろうか。
うん、きっと気のせいだ。そういうことにしておこう。
(↑後でOAを見たら、ここの部分はカットされていた・・・残念。)

そんなこんなで、45分の収録があっという間に終了。
非常にいい体験をさせてもらった。
終わってみると、あんなに年齢詐称の事で悩んでいたのがバカらしく思える。
詐称バンザイ。「気持ちも定期も24」だ!!




さぁ、次はどの番組にしようか。
会社仲間のGちゃん(バリバリ20代)が、「『思いっきりテレビ』に行きたいんです!!」って言ってから、今度はそれか?! でも、東京まで行くのしんどいなぁ。
でも、もし行ったら「お嬢さん、どこから来たの?」って言ってもらえるだろうしな~。夢は膨らむ。

2007.12.22 Sat 01:27
【前回までのあらすじ】
ささいなきっかけから、とあるテレビ番組の観覧に応募した私。
年齢を10もごまかしたのが良かったのか、見事当選との知らせを受けた。
しかし、観覧のためには「同じ年ぐらいのお友達と来ること」「写真付きの身分証を持参すること」(=当然、生年月日も書いてある)の2点が条件だと言われ大慌て。
さぁ、私(+ツレ2人)は無事にテレビ局に入れてもらえるのか。




寝ても覚めても年齢偽装のことしか頭にない。
ついには、朝、目が覚めるたびに「あぁ・・・収録まであと○日・・・はぁ・・・」とため息が出るようになった。末期症状だ。

そんな時、事態が急転した。観覧の3日前、テレビ局から電話がかかってきたのだ。
用件はというと、集合時間が変更になったというシンプルな内容だったのだが。
ここで会ったが100年目、とばかりに思い切って聞いてみた。

私「あの~、同じ年ぐらいの友達を連れてくるようにって言われましたよねぇ?」
テ「えぇ」
私「一緒に行くはずのコが行けなくなっちゃって~・・・。代わりに行けそうなコが、30歳と34歳なんですよ。。。いいですか??」
テ「え゛っ・・・(絶句)・・・(しばし沈黙)あのー、席が後ろになっちゃうとは思うんですが・・・それでもいいなら・・・」
私「入れてもらえるんですか?!」
テ「えぇ、まぁ・・・」




ひゃっほう。聞いてよかった。
ゲンキンなもので、こうなると収録日が待ち遠しくて仕方ない。
周りの、「入れてもらえるって言われたからって、○さん(私)自身は24歳として行かないといけないんでしょ??」の声も全く耳に入らない。

免許証の生年月日を指で押さえて出し、テレビ局の受付の人がそれを触ったら「個人情報に触らないでください!!」とキレればいい、と職場の先輩Kさんが入れ知恵をしてくれた。
何だか理不尽な気もするが、よっしゃ、この作戦で行こう。




そしていよいよ、収録当日。
梅田で3人でお昼を食べながら、何か困った事が起こった時のキメゼリフ「気持ちも定期も24!!」の練習をする。
これ、私の大学時代の友人Yちゃんが20代後半の時に言ったセリフなのだが、全くもって上手いと思う。以来、私のキャッチフレーズにさせて頂いてるのだ。Yちゃんありがとう。

そして地下鉄に乗り、テレビ局へ。
いよいよ決戦の時がやってきた。
さぁ、果たしてテレビ局は私の年齢詐称に気付くのか。
次回に続く。。。。
2007.12.15 Sat 00:59
きっかけはささいな会話だった。
会社で、「何かテレビ番組の観覧に行きたいね~」という話になったのだ。
聞くと、回りには観覧体験者が意外と多く、なかなか面白いという話。
じゃあ、ってんで、適当に思いついた番組のHPから観覧希望のフォームを探し、応募しておいた。
この時年齢を書く欄があったのだが、非常に軽い気持ちで「24歳」と記入した。
なぜなら以前、某ファッションビル(って言うのかな)の懸賞でも「24歳・OL」と大ウソを記入して見事商品券が当たったし、映画の試写会でも若いコの方が当たりやすいというし、24は私のラッキーナンバーだし。
そんなノリだったのだが、この数字が後々私をどんなに悩ませる事になるか・・・この時の私は知る由もなかった。

(↑ちなみに私はキムタクや中居くんと同じ年・・・実年齢より10歳もサバを読んでしまった。)




それから2ヶ月。
観覧当選者には連絡があるというが全く反応がなく、応募したこと自体を忘れていた。

しかし、10日前のある夜。
午後10時半、突然携帯が鳴った。
知らない番号だ。とりあえず出てみる。

「あ、○○さんの携帯ですか~? 私、××テレビの者ですけど・・・」
「はぁ」
「△△の観覧のご応募、ありがとうございました~! 収録が×日なんですが、来れますか?」

「・・・???  うぉぅ!!!行けます行けます!!」

「あ、じゃぁ、よろしくお願いします~。同じ年ぐらいのお友達を連れて来て頂ける事が条件ですので、よろしく~」

「・・・あぁ、はいはい・・・」(私、何歳って書いたっけ・・・??)




翌朝、会社で。
同じ時に応募したTちゃんの所には、連絡がなかったという。

私「当たったのはいいけどさ、私、何歳って書いたっけ~・・・?」
Tちゃん「忘れちゃったんですか?! 24って書いたんですよ!!!」
「えぇぇぇぇぇ!!!写真付きの身分証明書持参って言われたで!!」
周り「ごまかしきれへんやん!!」




そこから、私は「いかに年齢詐称をごまかすか」しか考えられなくなった。
寝ても覚めても、「24歳」がつきまとう。
ちょうど、期限切れで家に眠っているパスポートがあったので、生年「1972」を「1982」に上手く書き換えようかとも試みたが、冷静な周囲から「公文書偽造はマズい」との進言を受け、思いとどまった。

せめて、心だけでも24に近づけよう・・・と思い、会社の24歳の子たちにインタビューを試みる。
「なぁ、中学校の時に流行ってた音楽ってどんなやった?」
24歳のHくん「スピッツとか・・・」
24歳のMちゃん「安室奈美恵も。 ○さん(私)は?」

「えーと、TMネットワークとか・・・・・・」

2人「それじゃダメです!!!」

やっぱりそうか・・・Orz

しかもこのコたち、生まれて初めて買った「CD」と言うのだ。
私はバリバリ、レコード盤だった。
このコたちの前で「B面」と言ったら笑われた。
「カップリング」と言わないとダメなんだそうだ。
こんなコたちに、オートリバースのカセットデッキを買ってもらってうれしかった、なんて話しても全く理解してもらえないのだろう。10歳の年の差は大きい。




結局、収録には3人で臨むことになった。
私、本当に24歳のMちゃん、30歳のTちゃん。
テレビ局側から指示された「同じ年ぐらいのお友達」は全く無視した攻撃だ。
そうこうするうちに、刻々と収録日が近づいてくる。
周囲からは「赤っ恥かくだけだからやめとけ」「門前払いされたらどーする」等々の声が続々と寄せられている。
さぁ私、どーするどーなる。

【次回に続く・・・】



2007.12.10 Mon 02:11
先週は私の誕生日ウイークだったので、勝手に『日頃のご愛顧に感謝して・大創業祭!スペシャルウィーク』と銘打ち(どこかのスーパーかFM局のパクリみたいだな)、イベントを開催していた。
何の事はない、いつもより傍若無人に振る舞い、誕生日周辺と言い訳をして周りから許してもらおうという、かなりハタ迷惑な企画である。

誕生日自体は12/6。
友達や家族からのおめでとメール、会社の皆さんやダンナからのプレゼント等々でかなり幸せな1日だった。(みんな、ありがとう~)
夜、退社する時にGちゃんが「待っててください・・・私のは明日持ってきます!!」と言っていたのが気になったのだが。

そして、翌朝。
朝イチでGちゃんからメールが届く。
「すごい大きさです!!こんなの見たことない!!」

期待に胸を膨らませ、いそいそと出勤する。と。

20071210233803


・・・頂いてしまった
そう、私が先日「アフロにしたい」という野望を打ち明けた時、Gちゃんが「そんなに欲しかったら、コレ買ってあげますから・・・」と言ってくれていた、アフロカツラである。

それにしてもキャッチフレーズがすごい。
「かぶれば分かる!驚異の大きさ!」
「パパイヤ広瀬もビックリ!」
(誰だよソレ)

一瞬置き場に困り、黙ってSちゃんの書類入れの上に置いてみたりする。
なかなかいい風景だ。

20071210232754



私の席から見た図。
左にSちゃん、右にKさんの頭が小さく写っている。比較してみると、大きさ具合がお分かり頂けるかと。真ん中にアフロが鎮座。これもなかなかいい風景だ。

20071210232746


その後、「邪魔だ」という理由で、同じく邪魔者扱いされている(縁起物なのに・・・)七福神と同じ棚に祀られてしまった。
アフロ大明神、なかなか御利益がありそうだ。

20071210232911


お調子者が多いうちの職場。
当然、みんなかぶってみる。
「ポーズ取って♪」というと、皆一様に「サタデー・ナイト・フィーバー」のポーズを取るのが不思議といえば不思議だ。

そして私はと言うと。。。

20071210233245


似合ってるんだか似合わないんだかよく分からないが、とにかく悲願は達成できた。
Gちゃんどうもありがとう。
そしてこのカツラ、次の出番は社内忘年会の予定。
酔った勢いでおエラ方にかぶせてみる計画があるのだが・・・さあ、どうするどうなる。





2007.12.08 Sat 08:25
20071208082549
って、コレ書いてるのはライブ後なんですが(`・ω・´)

いや~、よかったっす(≧▽≦)
「青い蝶」も「風景」も「鱗」も、聴いてて鳥肌立ちましたよ。
全く場慣れしてないもっちゃりしたトークも、却って新鮮でおもしろかった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

それにしても、解せないのが強制的に買わされるワンドリンク!!
近所のスーパーで100円で売ってるカンチューハイと爽健美茶、2つで1000円て…Orz
2007.12.08 Sat 07:56
20071208075631
ずーっとPVが流れています。
いやでもテンション上がりますな。
2007.12.08 Sat 07:47
20071208074757
ハタ・モトヒロです。ライブです。
会社を早退し、えっちらおっちらとナンバまでやって参りました。
わくわくどきどき。
2007.12.05 Wed 16:47
20071205164714
先日京都に行った際、大好きな雑貨屋で一目惚れして買ったバッグ。
一目見た時から、私には「あるもの」の形にしか見えなかったのだが…。
喜んで会社に持って行った所、どうやら世間では「あるもの」に見えてないらしい、と気がついた。
「何すかコレ」
「チューリップに止まる虫」
「生き物…オットセイ?」
「イトーヨーカドーのマーク」

…惨敗である(-_-#)
さてこのバッグ、本当は一体何の形なんでしょう??
私は「鳥」と信じて疑わなかったのだが……自信なくなってきた…Orz
2007.12.04 Tue 00:39
20071204003929
少し前になるが、ご近所のマロクー家・テンニコ家と合同でフリマに出店してみた。まずまずの売り上げで、満足しながら帰途につく。
マロクーさん家で打ち上げが行われたが、ここで毎度おなじみ、リョウセイとテンニコ家のお嬢・Hちゃんによるネタ披露があった。
今回は新メンバーとしてマロクー家のダンナ様(通称ボス)を加えた3人ユニットだ。
心機一転、ユニット名も「黒い毛糸」に変えての参戦だ。何ともシュールなネーミングだが、彼らなりの意図があるのだろう。いや、ないかも。
「黒い毛糸」は出し物もシュールだった。紙芝居を披露してくれたのだが、ある兄妹がドライブに出掛け道に迷い、中央分離帯に車をぶつけるが無事に帰って来る、というストーリー。
ユニットリーダーのボスはと言うと、2人の後ろに影武者のように控えていて、リョウセイが抜き去る紙芝居を一心不乱に集めるという、涙なしでは語れない役どころであった。
数々の疑問と割り切れなさを残し、シュールな夜は更けていく。
2007.12.04 Tue 00:17
20071204001728
秋なので、ダンナとリョウセイにはお留守番をしてもらい、京都に紅葉を見に行ってみた。
河原町の駅を降りた時からすごい人混み。イナカモノの私、かなり引く。
清水寺もすごい人。坂を登るのも一苦労。お土産買うのも一苦労。
そして、清水の舞台。人大杉。
「この画像のタイトル、絶対『お疲れ様です』やなぁ」と、一緒に行ってたGちゃんと舞台の反対側から撮影。
「5分前まで、私たちもあそこにいたんですけどね…」というGちゃんとのセリフにふと我に返り、はははと力無く笑ってみる。
湯豆腐も食べられたし、大好きな雑貨屋にも行けたし満足満足。次は、もっと閑散とした時期に行きたい…。となると、真夏か真冬か。
それもやだ(-_-メ
Calendar
2007.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ジャイコ

  • Author:ジャイコ
  • のんきなダンナ、超マイペース息子のリョウセイ(小学5年生)、嵐のような極悪不良娘パピコ(Mダックス/女の子・5歳)、一見おとなしいが結構ワルのグリコ(Mダックス/女の子・4歳)と私、ジャイコの5人?暮らし。

    パート待遇のくせに平日フルタイムで働きつつ、ダンナとリョウセイとパピコグリコ(通称・チーム江崎)のお世話。こりゃ大変だ。

    好きなモノは広島風お好み焼き・犬・レトロ雑貨。
    性格は極めてズボラ。
    細かいことは気にしない、と言うより気がつかない。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おみくじ
Mダックス時計(B&T)
ブログ内検索
リンク

Copyright © ジャイアン・リサイタルへようこそ♪ All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。