ジャイアン・リサイタルへようこそ♪

「ドラえもん」のジャイアンが空き地で開くコンサート(リサイタル)のような、自己満足ページです。それでもお付き合い頂ける方、どうぞよろしくです。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.30 Wed 01:23
8月25日。
人間10人・ダックス7匹の大所帯が宝塚の某マンション前に集結していた。
その名も「チーム正露丸」の夏合宿である。行き先は淡路島。
事前に配られた旅のしおりの中に、「持ち物…10代の体力」とあったがダンナは完全に「10代の心」と勘違いしており、出発前夜まで10代になりきるべく、町で見かける10代の子たちの形態模写に余念がなかった。
彼の努力が全く無駄だったことに気付いた時には、既に出発直前であった。
全くご苦労さんとしか言いようがない。

↓出発前に浮き立つダックスの群れ。

20060830010937.jpg


全員で1台の車に乗り込み、途中何度かの休憩を挟みながら目的地へ。
特に淡路のSAで休憩のために全員が下車した時は、ものすごい犬の群れに対して見物人が続々現れ、ちょっとした人だかりになっていた。
こんな事なら、見物料取ればよかった。おさわり100円とか。

↓海がキレイ~

20060830011116.jpg


昼食を「カプチーノ」というワンコOK(テラス席か裏庭のみ)のレストランで頂き、対岸の海へ。


子供たちは水着に着替えて遊び、

20060830011623.jpg


犬たちは海岸を散歩。

嫌がるコがあり、(テンちゃん、引きずられてます…)

20060830011750.jpg


平気で水に入って行くコがあり。

20060830012112.jpg



この後ペンションに向かうのだけど・・・続きは後日。
スポンサーサイト
2006.08.28 Mon 01:29
夕方。
お隣のマロクーさん宅に用があったので、いつものようにタリラリラ~ンと家を出た。
10歩も歩けばもうお隣。チャイムを押そうとしたその瞬間。
ガチャッ、と中からドアが開いた。

そこに立っていたのは、マロクー家のボス(ダンナ様)または奥様…と思いきや、

2軒先のダンナ様だ。

この瞬間から、私の思考回路はフル回転を始めた。

何でこの人がここにいるのか??
私が来る家を間違えたか??しかし、ここは隣の家のハズ…この人の家はまだ向こうだよな…
それとも遊びに来てたのか??けど、家を行き来するぐらい仲がいいって話も聞かないし…
マロクー家のボスって、こんな顔だったっけ…いや、違うような気がするけど…でも私、人の顔を覚えるの苦手やしなぁ…

一瞬でここまで考えた。
頭が真っ白になるのが自分でもよく分かった。
脳の中がガチッとロックされてしまったらしい。
ただ、マンガのように「あわわ、あわわ」と言ってる自分がいた。

やっとの思いで「ちょっと待って・・・」とだけ絞り出すと、相手のダンナ様も「はい」と言って黙っている。
全く関係ない家の玄関先で、見つめあう他人の2人。

30秒ぐらい沈黙が流れただろうか。
何か言いたいけど、口がパクパクするだけで言葉が全く出てこない。
「何であなたがここに?」と言いかけたが、「いや、ここは私の家ですが?」と言われるような気がして声が出せない。

こういう時、人はこの場面を正当化しようとするものだ。(私だけか?)
この人はマロクー家のボスだ。
だって、マロクー家にいるんだもん。
それにしてもボス、背が伸びたなぁ・・・(2軒先のダンナ様は190㎝ぐらいあるように見える。ボスも身長は高いが、190はないと思う)

とりあえず、このボスに用件を伝えなければ!

動揺を隠しつつ、「あの~、作って頂いた洋服を取りに来たんですが・・・」と声をかけた。
「あ、はい」と答えるボス。
しかし様子が変だ。

ここでやっと、「ボク、今、確認したい事があってマロクーさん家に来たんです。ダンナさんだったら奥にいますよ」と返答があった。

ここでやっと我に返った。

この人はボスじゃない!!(当たり前だ)

「いや~、そうですよね~、ここ○○号室(マロクーさん宅)ですもんね~、ビックリしましたよ~」とその場を取り繕い、奥にいるボスを呼びやっと用件を伝えることができた。

ここまでの所要時間は5分もかからなかったと思うが、私の中では何十分もかかっていたような気がする。

家に帰った後も、しばらく脳内と心臓のビッグウェーブは治まらなかった。

私もかなりビックリしたが、たぶん、2軒先のダンナ様も相当動揺したと思われる。
彼の用事が済み、ドアを開けた瞬間、この家(マロクー家)とは何の関係もない私が立ってる訳だし。
しかも「洋服取りに来ました」と、いきなり訳の分からない事を言われるし。きっと「俺、知らんがな」と思われたに違いない。
大変失礼致しました~


今日のトリビア。

人間、思いもかけない状態に遭遇すると、まず一番に出てくる言葉は「あわわ」である。
















2006.08.23 Wed 01:14
どんどん日が経ってるから記憶が薄れがちなので早く書かないと・・・


8月15日。
帰省前、テレビで路面電車(チンチン電車)を見ていたリョウセイが「あれに乗りたい」と言い出した。
そんなもん、実家から車で1時間の広島市内に行けばいくらだって乗れる。
けど、あれは本当に公共交通機関なので、乗ったところで大しておもしろくもないのだ。私は特に通勤で使ってたので、何を今さら・・・という感じだし。

なので、代替案としてこの日は錦町という秘境(ただ単に人口少ないだけ)に走っている、その名も「とことこトレイン」に乗りに行くことに。

作ったものの計画が頓挫してしまい、使われなくなった線路に遊覧車というか電車というか、を走らせているらしい。
「これも一種のチンチン電車よ!」という母ケイコの独断で決まったのだが・・・果たしてそうかなぁ・・・。

錦町までは、実家から車で1時間弱。
「となりのトトロ」に出てきそうな、のどか~な風景だ。

「とことこトレイン」発車時刻まで間があったので、川で一遊び。

20060823003158.jpg


発車ホームで。


20060823003323.jpg


これが「とことこトレイン」。っていうか、車ですな…

20060823003552.jpg



見所の「光るトンネル」に入った。こんなの。画像が上手く撮れなくて残念

20060823003422.jpg


で、片道40分(結構長い)の旅の後は、近くで川遊び。
パピグリもひと泳ぎ。
グリコは直線のみにしか泳げないが、パピコはターンをして方向も変えられる事を発見
通称「黒い弾丸」のパピコのほうが運動神経はいいようだ。

↓川原で砂だらけ。

20060823004030.jpg


・・・ここで家に帰るかと思いきや、あと1ヶ所立ち寄りスポットが用意されていた。

その名も「地底王国・美川ムーバレー」。

使われなくなった鉱山を利用し(こんなんばっかりやな)、ムー王国だったっけ?帝国だった?っぽくリニューアルしましたというシロモノ。
行く前は、どうせ子供だましでしょ~、と斜に構えていた。

父ヒロキと犬3匹は車で待ってる、というので人間だけで来たのだが、入り口でびっくり。
ワンニャンもOKらしい。

20060823004728.jpg


しかし、この10円という料金設定が何ともアバウト・・・
タダでもええんちゃうのん?!とも思うが、命ある物からはとりあえず入場料を取っとこう!という経営者のセコイ姿勢がうかがえる。

で、中に入ってビックリ。

寒い!!

怖い!!

なまじ、本物の鉱山の跡地利用だけあって通路も複雑。順路もない。
(妹やんぐ談; 探検なんだから順路を作っちゃダメだろう…とのこと。妙に納得。)

階段とか鉱山の時そのままだし、トロッコもそのまま置いてあるし。

20060823005332.jpg


ムーバレーの名のとおり、あちこちにムーなんだか古代エジプトなんだか…と言った感じのオブジェやら置き物やらがあるのだが、私は元・鉱山の部分ばかり見ていて肝心のムー部分はあまり見ていない。

ちなみにココ、入場料と引き換えに立派な鍵が配られる。
この鍵と合う鍵穴を見つけながら、さらにクイズにも答え、さらにさらに配られた用紙でビンゴゲームもどきもしながら進まないといけない。
非常に頭を使う施設である。

私はゲームの仕組みがややこしくて理解できず、いい加減~にしながら進んでいった。
結果は全くダメだったが、必死で問題を解き、ビンゴも頑張っていた妹・やんぐを見ていても特に何か景品がもらえた訳でもなかったので、まぁこの辺は適当に流して正解だったかも知れない。

20060823010612.jpg

こわごわ?進む妹やんぐ(勝手に使ってごめんよ)。


20060823010748.jpg


場内には、かなりデカい滝もあって不気味だった。足元ぬかるんでるし。

「ムーっぽい」オブジェの一部。

20060823010914.jpg


やっと出口。


20060823011017.jpg


砂金取り体験もできるよ。しなかったけど・・・


20060823011111.jpg






とにかくフルスケジュールの一日だったので、家に帰ってからはグッタリ
それにしても、今まで田舎だと思ってた錦町でかなり楽しめたのには驚いた。
すごいぞ錦町
あ、ムーバレーは美川町だった・・・
2006.08.20 Sun 01:47
8月13日。
怒涛の実家ライフ2日目は墓参り。
パピグリ、戸川昌子改めデーブ=スペクター犬・桃子も一緒に片道1時間半のドライブ。

20060820011927.jpg

↑頭頂部がデーブだ。と妹やんぐが言っていた。

目的地に着いて、墓参りの後で親戚がやっている(経営していると言うのか?)お寺へ。
ここでパピグリ、境内の墓地をドッグランのように走り回る。
画像撮っとけばよかった!残念。。。

寺の看板娘、シオン登場。
いつもはデパートの子供服売り場で買うブランド子供服を着ている彼女だが、本日は飼い主のおばちゃんお手製のムームーを着用していた。今くるよの舞台衣装のようだ、とは口が裂けても言ってはいけない。

20060820012307.jpg


ちなみに彼女の主食は「刺身」。しかも白身魚限定らしい。
彼女にかかる1ヶ月の食費は3万円と聞いた。
いつも粗食に耐えているパピグリにもその一部を回して欲しいものである。

ブルジョア犬シオンに別れを告げ、リョウセイを遊ばせるために市内唯一のショッピングセンターに行ってみた。
店内の縁日で金魚すくいをしたリョウセイ、案の定1匹もすくえなかったのだが。。。

すくえなかった人には7匹差し上げます。

との張り紙があり、リョウセイはまんまと金魚7匹ゲット。
普通、すくえなかった人には1匹か、せいぜい2匹が相場ではないだろうか??
田舎だから物価か安いのか、赤字覚悟の大盤振る舞いなのか、金魚屋がヤケを起こしているのか。よく分からない。

そして心配になったのだが、逆に、すくえたのが7匹以下なら、いっその事すくわなければよかったという心境にならないだろうか??
この辺のしくみ、金魚屋に聞いてみればよかった。

そして帰途に着いた訳だが、この時の車中のメンバー。

父・ヒロキ
母・ケイコ
私・ジャイコ
妹・やんぐ
リョウセイ
パピコ
グリコ
桃子
金魚7匹

以上が、狭い車にすし詰め状態。
足はまともに伸ばせないし金魚は酸欠でパクパク言ってるし、リョウセイは押し出されて座席の下に座ってるし。
もし事故ったら、車内から堰を切ったように人と犬と金魚があふれ出したに違いない。
ヒロキが安全運転してくれてよかったよ。












2006.08.19 Sat 01:07
8/12、朝7時。
私は新大阪駅にいた。
カートの中には詰め込まれたパピグリ。
昨夜、カート(コレのこと)のファスナーが急きょ壊れるというハプニングがあったが何とか持ちこたえそうだ。

朝早いし、帰省ラッシュ初日といっても大したことないだろう・・・という私の楽観的読みは見事に外れた。

駅の構内は人だらけ。
駅まで送ってくれたダンナは、私+リョウセイ+パピグリを落として出勤してしまった。
パピグリは言うまでもなく、リョウセイも7歳になったとはいえまだまだ戦力外だ。
実質、私1人でこの人波に立ち向かい、無事にゴール(新幹線の座席ね)にたどりつかなければならない。

案の定、リョウセイがおにぎりを買えだの腹が痛いだの言い出した。
軽く無視。
カートの中では、早くも戦闘体制のパピグリ。
狭いところに無理矢理2頭が閉じ込められ、そうとう気が立っているようだ。
中で大暴れしているので、何もしなくてもカートが揺れている。

大汗をかきながら、発車10分前にホームに到着。
指定券を取っているから、余裕のはずだ。

・・・??
指定席車の各ドアは、全て人で埋まっている。
よく、遠距離恋愛カップルが発車間際までドア付近で別れを惜しむという姿を見るので、今日も皆が別れを惜しんでいるのかと一瞬思ったが、どうやらそうでもなさそうだ。

自由席の人たちが、ドア付近を占領して立ってるのだと理解するのに、そう時間はかからなかった。。。。

理解はしたが、それだけでは新幹線に乗り込めない。
おしくらまんじゅうのように固まっている人垣の切り崩しにかかる。

この時、思ってもいない武器が登場した。
パピグリのカートだ。

カートの先で人垣をツンツンつつきながら、「すみませ~ん」と無理矢理押し込んで道を空ける→歩く。
車内の通路も、立ってる人・人・人なのでこの要領。
すんまへんなぁ。

やーーーっとの思いで席に着いたと思ったらもう出発。
どうやら、乗り込んでから着席するまでに10分近くかかったらしい。
リョウセイも、朝早いし空腹だし人ごみに慣れてないし、もうどうでもいい!という顔をしている。

そして、ここから戦いは第二ラウンドに突入した。

比較的静かな車内に響き渡る、パピグリの怒声。
ケンカ続行中だったらしい…。

オヤツを放り込むとしばらく静かになるが、またすぐに鳴き始める。
今度は「出して~~」というキュンキュン鳴きだ。
ご丁寧に、パピコとグリコが1頭ずつ交代で鳴くのだ。
その間もう1頭は寝ている気配だ。素晴らしい当番制。

広島までの片道1時間半が、こんなに長いと思った事はない。
カートを外側からポンポン叩きながら何とかなだめて、ひたすら時が経つのを待った。

リョウセイはと言うと、この日のために買ってあげたナゾナゾの本を大声で朗読している。
こっちもかなり迷惑だ…。

やーーーーーーっとの事で、広島に到着。
グダグタになって降りた私の聞こえてきたアナウンス、「業務連絡です。160%でした~」。

・・・これって、やっぱり乗車率だよなぁ?
聞いて、余計疲れた私。

そして「こだま」に乗り換えて実家へやっと到着。
時刻は午前9時半。
この時点で、もうフルマラソンを走り終えた後のような疲労度だ。
パピグリもかなりお疲れの様子。
翌日からは怒涛の実家ライフが待っている。

「疲れたわ~~」

20060819010555.jpg

2006.08.18 Fri 01:07
帰省中だったので対応が遅れてしまいましたが、先日捜索をお願いした「ころんくん」の飼い主さんからコメントを頂きましたのでコピペさせて頂きます。



みなさんにご心配掛けました、川崎家の末っ子“ころん”が帰ってきました。
でも残念ながら首輪だけになって帰ってきました。
家出した花火の晩に清荒神の先の旧R176でクルマに撥ねられて亡くなっているのを発見されたそうです。
既に霊園で焼かれていて骨も灰もわかりません。
ただ紛れもなく“ころん”の首輪だけが残っていました。
こんなに悲しくて辛い別れがこんなに早く来るとは思ってもみませんでした。
2度めの誕生日も迎えてやることができませんでした。
ごめんなさい。
しばらくは家族全員悲しみに打ち拉がれるでしょうが、早く気持ちを入れ替えて、笑顔でお会いできるよう、頑張ります。
皆さまのご協力本当に、ありがとうございました。




ころんくんは1歳8ヶ月。パピコと4ヶ月しか違いません。
こんなに早くお別れが来るなんて、という飼い主さんの言葉が胸に沁みました。

以前、うちの実家で飼っていた犬が19歳で大往生した時は、何か月も前からお別れの予感はしていたし、もう私は離れて暮らしていたので年に数回しか会っていませんでした。
でも、母から最期を看取ったという電話をもらった後しばらく何も手につかず、立ち直るのに1週間以上かかったのを覚えています。

覚悟していた上でのお別れでさえあんなに辛かったのに・・・と考えると、今回のころんくんの飼い主さんのお気持ちを思うと本当に言葉もありません。

ころんくんのご冥福を心よりお祈り致します。


2006.08.12 Sat 23:09
20060812230931
7ヶ月ぶりに会った桃子。
どう見ても髪型が「戸川昌子」だった…Orz
2006.08.11 Fri 23:38
迷い犬のお知らせ**お友達のお友達ワンコ、川崎ころんくんが宝塚市で行方不明になりました。
情報ありましたらお待ちしています!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川崎ころん君が行方不明になりました。
見かけた方はご連絡お待ちしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年8月4日(金)、我が家の愛犬“ころん”がいなくなりました。
1歳8ヶ月の若い雄で去勢手術をしています。
ワクチンも検診も定期的に受け、今まで病気は一切ありません。
座敷犬として飼っており、普段は家の庭で放し飼いにしています。
4日は宝塚の花火大会で花火の音に驚き、逃げ出したのかと思います。
裏の柵から抜け出すのを目撃された方がいらっしゃいました。
今まで一度も抜け出たことがないのに、20分ほどの間にいなくなりました。
“ころん”は柴とビーグルのミックスなんですが、体色や見た目はほとんど柴犬です。
体毛は柴らしい茶色で手足の先が足袋を履いたように白く、その中にビーグルのような茶色い斑点がうっすらと入っています。
尻尾も柴のようにきれいにくるんとまわっていて、先の方がやや黒く、最先端に白い毛が生えています。
耳も柴のようにピンと立っていますが、柴よりは若干大きいようです。
でも全体の雰囲気はほとんど柴犬でよく柴の純血に間違えられます。
大きさは体長60~70cm、体高40~50cm、体重13kgです。
おすわり、お手、おかわり、伏せ、待て、ワンっ、ができ「川崎ころんクン」と呼ぶと大きな声で「ワンっ」と返事する利口な犬です。
おやつが大好きでおやつを見せると必ず上記の芸をします。
とても人なつっこい犬で無駄吼えもせず大変おとなしいです。
他の犬とも仲良く遊べます。
宝塚のドッグランによく行ってました。
大きな犬は少し苦手ですが、相手に敵対心がないことがわかるとすぐ馴染みます。
吼えられることがすごい苦手で、吼えられると小さな犬でも敬遠してしまいます。
自分から敵意を持って吼えることは絶対にありません。
すごく友好的な犬です。
猫が大好きで友好的に接触し、威嚇することはありません。
猫に威嚇されると萎縮して接触をあきらめます。
威嚇されても威嚇し返すことはありません。
本当に優しくて可愛い犬です。
もちろん人を噛んだことなど一度もありません。
首輪はベージュ色で中に茶色の模様が入っています。
犬のシルエットとDOGDEPT SANTA MONIKAの文字がモスグリーンの糸で縫いこんであります。
http://www.dogdept.com/
黒いプラスティックのワンタッチバックルで外すようになっています。
銀色のメタルのDリングが2つついており、1箇所だけ留めるとチョーク式になっています。
捜索のご協力をよろしくお願いいたします。


BTH2619479_3B.jpg



BTH2619479_2B.jpg


BTH2619479_1B.jpg





緊急事態発生!!

明日の帰省に備え、パピグリをカートに入れる予行演習をしていた。
オヤツで釣って中に入れ、普段は閉めない上部のファスナーを閉めたところ。。。

パニクったグリコ、

ファスナーを突き破って出てきた!!

当然、ファスナーはいわゆる「バカになった」状態。(これって方言?)
ダブルファスナーなので片方はまだ何とか生きているが、壊れるのも時間の問題のような気がする。

あわてて、代替案のキャリーバッグをクローゼットから引っ張り出す。

すっかり忘れてた。

去年、パピコが既に直径10㎝ほどの穴を開けていたのだ!!!


新幹線の時間は明日の朝7時半。
当然、今の時間に開いてるペットショップなんてある訳ない(只今の時刻、午後11時30分)
ドンキに行ってもきっと売ってないだろう。

さて、どうするどうなる?!

《つづく》
2006.08.09 Wed 23:37
20060809233754
お寺でお祭りをやってると知ったのが午後6時。
仕事が忙しくてお昼休みに買い物にも行けないまま帰って来て、冷蔵庫の中もスッカラカンだったので、焼きそばでも食べるか…と行ってみた。

行って見るとどうもおいしそうな焼きそば屋はなくて、たこ焼きに路線変更
ロシア系?の美少年お兄ちゃんが焼いているたこ焼き屋がかーなーり気になったが、手際の面を重視して年季の入ったオバチャンが焼いてるお店でゲット
お祭りの食べ物にはあまりいい思い出はないんだけど、これはなかなかおいしかった。
その横で、リョウセイはチョコバナナ。凍ってて、かなりおいしかったらしい。
デザート(?)にかき氷。
ビックリしたんだけど、イマドキのかき氷って立派なプラスチックの容器に入ってて、しかもシロップかけ放題なんだね~
大喜びで、これでもかとかけまくってみた

そしてリョウセイに、500円のお小遣いを渡して「好きに使っていいよ」と言ってみた・・・ら。
200円でペットボトルのジュース(高っ)を買い、散々悩んだ挙げ句にピカピカ光るヨーヨーすくい。
本当はピカピカ光る剣が欲しかったらしいけど、1000円もするので予算オーバー。残念でした。

ダンナへのお土産は、かき氷の空き容器。
リョウセイがどーしても持って帰るというもんで…

ちなみに今日の晩ご飯。
私→たこ焼きとかき氷とおにぎり
リョウセイ→チョコバナナとかき氷とおにぎり

こんな破れかぶれの日があってもいいよね~(開き直りですが何か?)

2006.08.08 Tue 23:27
夕方、窓から外を見たら空がこんな色になっていた。

20060808231738.jpg



バルコニーに出たら、辺り一面が真っ赤。こんな夕焼けは久々だ。
台風の影響かなぁ。




ここ最近、色々とヘコむ事も多く、覇気なく毎日を過ごしている。
(いや、もともと覇気はないんだけど)
そんな私を知ってか知らずか、会社の後輩Gちゃんが「これ見てみてください~ 悶絶しますよ」と教えてくれたのがコレ(クリックしてね~)。

CM劇場の、ロングバージョン。

悶絶しました

犬派か猫派かと聞かれたら圧倒的犬派の私だけど(だからこそ犬を2頭も飼ってる訳で)、猫もかわいいな~と思ってしまう。。。
歌もかわいいので、ぜひ音声付でどーぞ






2006.08.07 Mon 22:12
前の晩午前1時まで飲んだくれていたというのに、翌日は海水浴
この日しか行ける時がないしリョウセイも楽しみにしてるし、強制決行。
案の定ダンナはボロボロだ。
液キャベとポカリを喉に流し込ませてゴー

目的地は「天の橋立海水浴場」。
2年前に偶然見つけてから、気に入ったので毎年行っている。
もちろんパピグリも一緒だ。
ペット持ち込み可とも不可とも書いてないし、去年行った時も何組かワンコ連れがいたし。

ボロボロのダンナ、フラフラになりながらやっと到着。

準備体操もそこそこに、泳ぐの大好きなリョウセイは飛び込んでいった。2日酔いのダンナもヨロヨロと入っていった。ドザエモンにならない事を祈るだけだ。

--------

パピグリはパラソルの下で、ゴハン食べたりオヤツ食べたり穴を掘ったり。

暑い。。。

20060807222751.jpg


じゃがりこ欲しい。。。


20060807222858.jpg



そして、2頭を連れて浜辺を散歩。
すると、背後から「タンちゃん! タンちゃ~ん」と甲高い声がする。
別に気にも留めなかったのだが、どうやら声の主は私たちに向かってきているようだ。

振り向くと・・・え?? どう見てもオッチャンだ・・・。

パピコをなでながら、「タンちゃ~ん アナタたちも暑いわねぇ~ 大変ねぇ~」と声を掛け、彼(彼女?)は去っていった。

一体彼は何者なのか・・・そして、「タンちゃん」って・・・。
もしかして、ブラタンの「タン」か??
頭の上で「」マークがグルグル渦巻く。


それはそうと、ワンを2頭も連れていると「かわいいね~」等々のありがたい声をかけられるコトが結構多い。
それこそ老若男女。
そして、パピコはその人たちに対して吠えたり吠えなかったり。

この日は、
24~5歳のお姉さん→吠えない。
女子高生→吠える。
子供→吠える。しかも吠え立てる。
50代ぐらいのご婦人→吠える。
おじさん(含・オカマさん)→吠えない。

・・・法則がさっぱり分からん
深いぞ、パピコワールド。




今日の「無我夢中」

我が家では、「無我夢中取って~」「無我夢中、どこ行った?」という会話が交わされる。

その正体は↓ コレ

1960-123.jpg


なぜかと言うと・・・

こうなるからです


20060807224953.jpg

2006.08.06 Sun 21:39
毎日暑っいし特に何も変わったことないし…で、すっかり週末だけの更新となってしまったこのブログ
ボチボチ更新して行きますので、まったりお付き合いください…

8/4、金曜日。地元の花火大会だ。
ウチのマンションを買うとき、販売担当さんから「バルコニーから花火が見えますよ~」と言われてすごく楽しみにしていたのだが、去年は福知山線脱線事故の犠牲者が近隣にも多かったとの理由で中止に。
なので、今年が初見物

ゴハン作るのも邪魔くさいから~、と仕事帰りにスーパーでお惣菜を買い込んで帰宅。

花火開始前からルーフバルコニーでビンボーくさくお惣菜を広げて食べてたら、お隣のマロクーさん宅で何やら声が。
あいパでのお散歩仲間、たっくるくん+ママ、チョコくん・もなかちゃん+ママが来ているという。

ベランダ越しにこの様子を見ていたら、マロクーママさんにすっかり懐いている(というより友達だと勘違いしている)リョウセイ、「ボクも隣に行きたい~」と言い出した。
どうぞと言って頂いたので、まずリョウセイが乱入。
仲良しのお嬢、テンニコちゃん家のHちゃんも来ていたのでリョウセイ、テンションアップ

次に、お隣から聞こえる7ワンの声に反応するパピコグリコ。
こちらも、どうぞ~と声をかけて頂いたので乱入させてもらうことに。

そうこうするうちに、花火が始まった。

・・・あら??

思ったより小さいよ・・・

20060806213829.jpg


親指の先ほどの大きさにしか見えないし、何かショボいし・・あらら~と思ってたら、マロクーママさんに「よかったらいらしてください~」とお招き頂き、急きょ夫婦でマロクー家にお邪魔することに。

行くと、おいしそ~なチーズフォンデュとチヂミが燦然と輝いていた
こんなコトなら、スーパーのお惣菜(しかもイカ天)なんか食べてくるんじゃなかったよ・・・と激しく後悔。
しかし、そこは別腹でおいしく頂きました~♪ごちそうさまでした


花火が遠くでのっそりのっそりと打ち上がっているのに、子供たちは全然見ていない
2人で何やらゴソゴソしてるので「何してるの~?」と聞くと「ネタくりだよ!」。
・・・どこでこんな言葉を覚えたのか??
母親が落研出身というDNAは、確かに色濃く息子に引き継がれているようだ。

そして花火も終わり、さんざん飲み食いした後の午後10時半、コンビ名「小学1年生」のオンステージ
アルコールの入った大人9人を前にネタを初披露。


20060806223528.jpg


台本を見ながらの漫才(一応、Hちゃんがボケでリョウセイがツッコミだったらしい)・軽くネタをやった後はマジックショーへ突入・マジックの仕掛け中は客は目をつぶっていないといけない・・・という、何とも斬新なスタイルだった。
今年のM-1あたりに出したらウケるかも知れない。

そうしてる間も、ワンコ9匹(マーローくん・くぅちゃん・たっくるくん・チョコちゃん・もなかちゃん・テンちゃん・ニコちゃん・パピコとグリコ)はあっちをウロウロ、こっちで追いかけっこ・そっちで破壊活動・テーブルの上の食べ物を盗み食い。

唯一、オヤツが出てきた時だけは全員集合↓


20060807002323.jpg


いつしかダンナチームは屋外で酒盛り、奥様たちは室内でダラダラと。
子供たちもハイテンションだったけど、結局午前1時にリョウセイがダウン んで、お開きに。


ダンナはしこたま飲んでおり、帰って来たと同時に寝てしまった。
しかし、エアコンをつけなければ!という本能だけは働いたらしい。

私とリョウセイがお風呂から上がってきたら、ソファで爆睡しているダンナの手にはエアコンのリモコンが握られており、エアコンはガーガーと作動していた。
が、何かがおかしい。暑すぎる。リモコンを見る。

暖房。28度。

その下で、汗をかきながら寝ているダンナを見ながら思った。

酒は飲んでも飲まれるな。




呼ばれてもないのに突然乱入してしまい、リョウセイとパピグリも我が家のようにくつろいでしまい、私とダンナも飲み散らかし・食い散らかしで散々ご迷惑をお掛けしました
マロクー一家さん、ごめんなさい&ありがとうございました~


Calendar
2006.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ジャイコ

  • Author:ジャイコ
  • のんきなダンナ、超マイペース息子のリョウセイ(小学5年生)、嵐のような極悪不良娘パピコ(Mダックス/女の子・5歳)、一見おとなしいが結構ワルのグリコ(Mダックス/女の子・4歳)と私、ジャイコの5人?暮らし。

    パート待遇のくせに平日フルタイムで働きつつ、ダンナとリョウセイとパピコグリコ(通称・チーム江崎)のお世話。こりゃ大変だ。

    好きなモノは広島風お好み焼き・犬・レトロ雑貨。
    性格は極めてズボラ。
    細かいことは気にしない、と言うより気がつかない。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おみくじ
Mダックス時計(B&T)
ブログ内検索
リンク

Copyright © ジャイアン・リサイタルへようこそ♪ All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。